玉野市で広域連携PRボード贈呈式の実施

〜うみぽすで玉野の海と近隣の海を相互にPR〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が、舵社・日本財団と共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」のポスタースタンド1組を「広域連携PRプロジェクト」として岡山県玉野市に贈呈いたしました。
このプロジェクトでは「わたしたちの海へ、ようこそ」のボードには玉野の海のポスターを、「となりの海にも行ってみよう」のボードには近隣の海のポスターを掲示。ポスターは定期的に変更しながら、相互に海をPRし、地域振興に役立てていただきます。
なおPRボードはダイヤモンド瀬戸内マリンホテルに設置されました。

手前:黒田玉野市長 奥:弊社内田理事

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■「うみぽす広域連携PRプロジェクト」とは
うみぽすでは、各地の自治体と連携。応募作品に描かれた海と、その近くの自治体の海、両方のポスターを掲示して相互にPRし合い、地域振興に役立てる「広域連携PRプロジェクト」を展開しています。

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181130PRtamano

うみぽす表彰式を、船の科学館で実施

〜グランプリ受賞者のみなさんが、よろこびの笑顔〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」の表彰式が実施されました。

今年の会場は船の科学館(東京都品川区東八潮3−1)。

受賞者、入賞者に加え、そのご家族やご友人にも出席いただき、100人を越える参加をいただきました。

石原良純、別所哲也(ビデオメッセージ)、森本千絵、矢ケ崎紀子、田久保雅己の各審査員が表彰をしてくれました。

ポスター部門 こどもの部 入賞者一同
ポスター部門 大人の部/動くポスター(動画)部門 入賞者一同
レセプションの様子

 

入賞130作品は公式サイトでご確認いただけます。 https://umipos.com/umipos/umipos/award_list

 

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■審査員(順不同、敬称略)

石原良純(俳優・気象予報士)、別所哲也(俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表、森本千絵(アートディレクター)、中村征夫(写真家)、矢ケ崎紀子(東洋大学 国際観光学部 教授)、田久保雅己(『うみぽすグランプリ』実行委員会委員長/株式会社舵社 常務取締役)

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181028ceremony

うみぽす全130入賞作を、船の科学館で展示

〜こどもの部、一般の部、動くポスター(動画)を展示〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」。その入選作品全130を船の科学館(東京都品川区東八潮3−1)1階のロビーにて展示しています。

 

<場所>船の科学館(東京都品川区東八潮3-1)

<期間>平成30年10月28日(日)〜11月2日(金)

<時間>10時〜17時(月曜日休館)

<入場料>無料

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■審査員(順不同、敬称略)

石原良純(俳優・気象予報士)、別所哲也(俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表、森本千絵(アートディレクター)、中村征夫(写真家)、矢ケ崎紀子(東洋大学 国際観光学部 教授)、田久保雅己(『うみぽすグランプリ』実行委員会委員長/株式会社舵社 常務取締役)

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181028exhibition

笠岡諸島交流センターに広域連携PRボードを設置

〜うみぽすで岡山県笠岡の海と近隣の海を相互にPR〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」。その作品を活用した広域連携PRボードを三洋汽船の笠岡諸島交流センター(岡山県笠岡市笠岡2435?2)に設置しました。

乗船場でもある笠岡諸島交流センターで実施された贈呈式には三洋汽船株式会社の天野雄二郎代表取締役にもご出席いただきました。

このプロジェクトでは「わたしたちの海へ、ようこそ」のボードには笠岡の海のポスターを、「となりの海にも行ってみよう」のボードには近隣の海のポスターを掲示。ポスターは定期的に変更しながら、相互に海をPRし、地域振興に役立てていただきます。

右:天野三洋汽船代表取締役 左:弊社妹尾代表理事

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■「うみぽす広域連携PRプロジェクト」とは

うみぽすでは、各地の自治体と連携。応募作品に描かれた海と、その近くの自治体の海、両方のポスターを掲示して相互にPRし合い、地域振興に役立てる「広域連携PRプロジェクト」を展開しています。

 

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181022PRkasaoka

うみぽす2018のグランプリが決定!

〜今年のグランプリは、泡から生まれてくるカモメ?!〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」の2018年入賞作品が決定しました。

今年は合計で3,418作品の応募がありました。

応募作品の中から厳正なる審査を経て、一般の部80作品、こどもの部30作品、動くポスター(動画)部門20作品が入賞作品として選出されました。これには44の都道府県からなる海と日本PROJECTの各エリアが選出した作品も含まれています。

そして最終審査で各部門のグランプリ・準グランプリと、審査員特別賞、そして最優秀エリア賞がそれぞれ選ばれました。

ポスター部門 一般の部 グランプリ

静岡県 小林未央

ポスター部門 こどもの部 グランプリ

岡山県 出宮里奈

 

動くポスター(動画)部門 グランプリ

沖縄県 飯塚隼太

 

受賞13作品は公式サイトでご確認いただけます。

https://umipos.com/2018-受賞作品/

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■審査員(順不同、敬称略)

石原良純(俳優・気象予報士)、別所哲也(俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表、森本千絵(アートディレクター)、中村征夫(写真家)、矢ケ崎紀子(東洋大学 国際観光学部 教授)、田久保雅己(『うみぽすグランプリ』実行委員会委員長/株式会社舵社 常務取締役)

 

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181022_awardwin

久米島空港に広域連携PRボードを設置

〜うみぽすで久米島の海と近隣の海を相互にPR〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」。その作品を活用した広域連携PRボードを沖縄県久米島町の久米島空港ロビー(沖縄県島尻郡久米島町北原566−2)および兼城港(沖縄県島尻郡久米島町兼城5)に設置しました。

空港ロビーで実施された贈呈式には太田久米島町長もご出席いただきました。

このプロジェクトでは「わたしたちの海へ、ようこそ」のボードには久米島の海のポスターを、「となりの海にも行ってみよう」のボードには近隣の海のポスターを掲示。ポスターは定期的に変更しながら、相互に海をPRし、地域振興に役立てていただきます。

右:大田久米島町長 左:弊社妹尾代表理事

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■「うみぽす広域連携PRプロジェクト」とは

うみぽすでは、各地の自治体と連携。応募作品に描かれた海と、その近くの自治体の海、両方のポスターを掲示して相互にPRし合い、地域振興に役立てる「広域連携PRプロジェクト」を展開しています。

 

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20180903_PRkumejima

海賊王と海の教室 in 久米島 2018開催

〜親子で参加する体験型エデュテーメント〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)は、日本財団が実施している「海と日本PROJECT」の助成事業として海賊王と海の教室 in 久米島を2018年9月2日(日)に開催します。

<開催日>

2018年9月2日(日)

 

<開催場所>

沖縄県島尻郡久米島

 

<4つのアトラクション in 久米島>

1 学ぶ(学習クイズ)
海賊王からの挑戦状 「海のクイズ」!
久米島の海の生き物を堪能しよう

2 感じる(乗船体験など)
最新の「ビックSUP」でクルー皆で協力してイチバンを目指せ!

3 知る(ビーチクリーン)
大海原から流れ着く「漂着物」ってどんなものがあるの?
ゴミから学んで未来のキレイな海を創り出そう!

4 食べる(郷土料理体験)
久米島の海の幸を美味しく楽しもう!

 

<募集対象>

小・中学生とその保護者 ※お子様だけでは参加できません。

 

募集人数

100名

 

参加費

1人 1,000円(税込/大人、こどもとも同料金)「昼食付き、保険代込」

 

募集締切

8月26日(日)
※定員になり次第締切

 

お申し込み方法

公式サイト(http://seaschool.net)から申し込みできます。

※海賊王と海の教室への参加には、海洋連盟への会員登録が必要です。
■「海賊王と海の教室」とは

「海賊王と海の教室」は、大人も子供も海をもっと好きになってもらうための参加型体験学習イベントです。「遊びながら学ぶ」=エデュテーメントを、全国の海で展開します。

「楽しむ」だけでなく「学ぶ(学習クイズ)」「感じる(乗船体験)」「知る(ゴミ拾い)」「食べる(郷土料理体験)」という4つのミッションを親子に行ってもらいます。

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20180802SEAkumejima

神津島まっちゃーれセンターに広域連携PRボードを設置

〜うみぽすで神津島の海と近隣の海を相互にPR〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」。その作品を活用した広域連携PRボードを東京都神津島のまっちゃーれセンター(東京都神津島村 37−2)に設置しました。

村役場で実施された贈呈式には太田久米島町長もご出席いただきました。

このプロジェクトでは「わたしたちの海へ、ようこそ」のボードには神津島の海のポスターを、「となりの海にも行ってみよう」のボードには近隣の海のポスターを掲示。ポスターは定期的に変更しながら、相互に海をPRし、地域振興に役立てていただきます。

右:浜川神津島村長 左:弊社妹尾代表理事

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■「うみぽす広域連携PRプロジェクト」とは

うみぽすでは、各地の自治体と連携。応募作品に描かれた海と、その近くの自治体の海、両方のポスターを掲示して相互にPRし合い、地域振興に役立てる「広域連携PRプロジェクト」を展開しています。

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

 

PDFファイルダウンロード
20180514PRkozu

海のPRコンテスト「うみぽす」2018募集開始

〜たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催の海のPRコンテスト「うみぽす」の2018募集がはじまりました。

うみぽすは「海に人が集まれば、日本はもっと楽しくなる」を合い言葉に、2015年にスタートしたみんなで海の宣伝ポスターをつくろうという活動です。ポスター部門一般の部に加え、小学生以下を対象としたポスター部門こどもの部、そして動画による動くポスター部門の3つのカテゴリーで作品を募集しています。

■コンテスト概要

<実施名称>海のPRコンテスト「うみぽすグランプリ2018」

<テーマ>たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」

<主催>一般社団法人海洋連盟

<共催>株式会社舵社、日本財団

<募集対象>こども、大人、個人、法人、団体を問わず

<題材・対象>日本全国の海や海の周辺地域に関わるもの全て(景色・人・食など)

<応募締切【全部門共通】>2018年9月10日(月)23時59分59秒

 

■各賞

【ポスター部門:一般の部】
グランプリ、準グランプリ、入賞

【ポスター部門:こども(小学生以下)の部】
グランプリ、準グランプリ、入賞

【動くポスター(動画)部門】
グランプリ、入賞

【審査員特別賞】
※各審査員ごとに設置します

【海と日本PROJECTエリア賞】
最優秀エリア賞 ポスター部門および動くポスター(動画)部門、エリア賞
■発表

入賞発表は2018年10月上旬を予定。

 

■表彰式

2018年10月28日(日)

 

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■審査員(順不同、敬称略)

石原良純(俳優・気象予報士)、別所哲也(俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表、森本千絵(アートディレクター)、中村征夫(写真家)、矢ケ崎紀子(東洋大学 国際観光学部 教授)、田久保雅己(『うみぽすグランプリ』実行委員会委員長/株式会社舵社 常務取締役)

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20180510start