うみぽす2018のグランプリが決定!

〜今年のグランプリは、泡から生まれてくるカモメ?!〜

一般社団法人海洋連盟(本社:東京都港区、代表理事:妹尾博之、以下海洋連盟)が主催、舵社と日本財団が共催で実施している海のPRコンテスト「うみぽす」の2018年入賞作品が決定しました。

今年は合計で3,418作品の応募がありました。

応募作品の中から厳正なる審査を経て、一般の部80作品、こどもの部30作品、動くポスター(動画)部門20作品が入賞作品として選出されました。これには44の都道府県からなる海と日本PROJECTの各エリアが選出した作品も含まれています。

そして最終審査で各部門のグランプリ・準グランプリと、審査員特別賞、そして最優秀エリア賞がそれぞれ選ばれました。

ポスター部門 一般の部 グランプリ

静岡県 小林未央

ポスター部門 こどもの部 グランプリ

岡山県 出宮里奈

 

動くポスター(動画)部門 グランプリ

沖縄県 飯塚隼太

 

受賞13作品は公式サイトでご確認いただけます。

https://umipos.com/2018-受賞作品/

■「うみぽす」とは

「うみぽす」は2015年にスタートした、地元の海に人を集めることを目的にした全員参加型の地方創生プロジェクトです。

老若男女、プロ/アマを問わず、自分たちの地元の海、好きな海のポスターや動画をつくって、それをみんなに見てもらい、みんなで日本の海を盛り上げていこうという活動です。

日本全国から作品を募集し、優秀作品を表彰しています。

主催:海洋連盟 共催:舵社 日本財団
後援:国土交通省 文部科学省 観光庁

 

■審査員(順不同、敬称略)

石原良純(俳優・気象予報士)、別所哲也(俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表、森本千絵(アートディレクター)、中村征夫(写真家)、矢ケ崎紀子(東洋大学 国際観光学部 教授)、田久保雅己(『うみぽすグランプリ』実行委員会委員長/株式会社舵社 常務取締役)

 

 

■お問い合わせ

一般社団法人海洋連盟内 うみぽす事務局

東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂503
TEL:03-5549-2151
(受付時間:平日10:00〜17:00)

umipos@ocean-alliance.org

■公式サイト

https://umipos.com

 

■facebook

https://www.facebook.com/umipos/

 

■Instagram

https://www.instagram.com/blue_action_insta/

PDFファイルダウンロード
20181022_awardwin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です